著作権回避する方法

最近、色々なホームページで、著作権回避する為の裏ワザなどが紹介されています。これらに書かれているのは、著作者が自分の所有している動画を勝手に利用されたという違反動画に対して、YouTubeの運営に削除申請される事を回避するという、言わば、著作権違反の申し立てを回避する方法という物が大半を占めています。

確かに、著作権違反の申し立てを回避する方法はとても重要なのですが、これらの多くが、自動検出システムに著作権違反をバレにくくする方法ということですので、著作権に違反している可能性が極めて高くなっております。よくYouTubeで、動画を見ていると、動画が小さく写っていてその周りが加工されているだけの動画などを見かけると思いますが、これが、自動検出システムに著作権違反をバレにくくする方法になっております。元の動画は表示されていますので、厳密に言えば著作権に違反している事に間違いはないのですが、YouTubeのシステムの穴をついた裏ワザになっております。

こういった裏ワザは、自動検出システムを回避しているというだけで、実際に著作権を持っている方が見た場合には、動画の削除申請を行われる事もありますし、悪質な物は、訴えられる可能性もありますので、不用意にこのような記事には騙されないようにしてください。

著作権侵害の罰則

仮に、著作権を侵害してしまうと罰則などを受ける場合があります。著作権のある物を勝手に使用していたり、著作権を持っている人の許可を取らず、に、著作物の内容を変更したり、タイトル名を変更したり、著作権を持っている人がニックネームで発表しようと思っているのに、勝手に本名で発表してしまうような場合には、著作者人格権侵害という罪に問われる可能性があります。

もし、著作権を侵害してしまった場合には、民事上での請求をされる可能性があります。侵害行為の差止請求、損害賠償の請求、不当利得の返還請求、名誉回復などの措置の請求などを、著作権を所有している方から言われたとしても放置していた場合には、最終的に裁判所を通じて紛争の解決が行われるようになります。

著作権や出版権、著作隣接権の侵害などの場合には、10年以下の懲役か1000万円以下の罰金になってしまったり、著作者人格権や実演家人格権の侵害などの場合には、5年以下の懲役か500万円以下の罰金などが定められていますので、著作権の侵害はかなり重い罪になっております。これは、YouTubeなどとは直接関係ないかも知れませんが、法人などが著作権を違反した場合には、3億円以下という、かなり重い罰金刑に処される可能性があります。

そもそも著作権とは

YouTubeコンテンツIDを利用した、著作権の保護を知る前に、先ずは、日本国内の著作権に対しての認識を再確認する事が重要になります。そもそも著作権とは、YouTubeの動画などに限らずに、音楽や絵画、図形、映画、言語やコンピュータープログラムなど全ての表現に対して、オリジナルの物を作成した時に発生する権利のことになります。

著作権のある有形、無形関係なしに著作権物を、その製作者の許可を得ずに無断で使用してしまうと、著作権の侵害になります。ただし、著作物の中には、フリー素材としてご自由にお使いくださいと書かれてる物もあります。こういった、最初に使用許可をうたっている物に対しては、いちいち著作権の所有者に許可を取らなくても使用して良い事になっております。

著作権には、公表権と言って、作成した作品を発表するタイミングを、著作権を持っている人が決められる権利や、氏名表示権といって、作品を発表する時に本名以外を使える権利や、同一性保持権といって、自分の著作物のタイトルや内容を勝手に変える事を禁止する権利などもあります。つまり、一言に著作権を侵害しているといっても、全く同じものを使っているのか、パロディ作品を発表しているのかまでかなりの差があるという事になります。

YouTubeコンテンツIDの効果

小学生の、将来なりたい職業の中に、YouTuberという物がランクインするくらい、日常生活にYouTubeは欠かせない物になっております。料理の仕方や洋服の畳み方、犬のしつけの方法や一発芸の練習など、様々な分野で使われているYouTubeは正しく使用すれば、自分達の暮らしを豊かにしてくれるアイテムとして、使用することができます。

最近では、アクセスを集めるために、自分の動画でない物をアップロードしている方が増えて来て問題になっております。YouTubeの運営側も、こういった著作権の侵害をされないように、独自のプログラムを走らせ、著作権を違反している動画を削除する事に成功していますが、次々とシステムの穴をねらってアップロードされるため、削除が追い付かない状態になっています。

これに歯止めをかけるべく生まれたのが、コンテンツIDです。このコンテンツIDは、YouTubeコンテンツの著作権保護と広告収入の両方のメリットがあるシステムで、動画認証技術と音声認証技術を投入する事により、動画や音声にIDを付け管理し、そのIDを元にアップロードされた動画を、1つ1つ認証していくという技術です。これにより、これまで無法地帯だったYouTubeが整備され、次々にレコード会社などが参入してくるにまでなりました。

YouTubeコンテンツIDで、著作権が保護できるようにはなりましたが、もしかしたら、自分が知らずのうちに著作権侵害をしている可能性もあります。そこでこちらのページでは、一度しっかりと確認しておいて欲しい、著作権の侵害についての情報をご紹介します。