YouTubeコンテンツIDの効果

小学生の、将来なりたい職業の中に、YouTuberという物がランクインするくらい、日常生活にYouTubeは欠かせない物になっております。料理の仕方や洋服の畳み方、犬のしつけの方法や一発芸の練習など、様々な分野で使われているYouTubeは正しく使用すれば、自分達の暮らしを豊かにしてくれるアイテムとして、使用することができます。

最近では、アクセスを集めるために、自分の動画でない物をアップロードしている方が増えて来て問題になっております。YouTubeの運営側も、こういった著作権の侵害をされないように、独自のプログラムを走らせ、著作権を違反している動画を削除する事に成功していますが、次々とシステムの穴をねらってアップロードされるため、削除が追い付かない状態になっています。

これに歯止めをかけるべく生まれたのが、コンテンツIDです。このコンテンツIDは、YouTubeコンテンツの著作権保護と広告収入の両方のメリットがあるシステムで、動画認証技術と音声認証技術を投入する事により、動画や音声にIDを付け管理し、そのIDを元にアップロードされた動画を、1つ1つ認証していくという技術です。これにより、これまで無法地帯だったYouTubeが整備され、次々にレコード会社などが参入してくるにまでなりました。

YouTubeコンテンツIDで、著作権が保護できるようにはなりましたが、もしかしたら、自分が知らずのうちに著作権侵害をしている可能性もあります。そこでこちらのページでは、一度しっかりと確認しておいて欲しい、著作権の侵害についての情報をご紹介します。