そもそも著作権とは

YouTubeコンテンツIDを利用した、著作権の保護を知る前に、先ずは、日本国内の著作権に対しての認識を再確認する事が重要になります。そもそも著作権とは、YouTubeの動画などに限らずに、音楽や絵画、図形、映画、言語やコンピュータープログラムなど全ての表現に対して、オリジナルの物を作成した時に発生する権利のことになります。

著作権のある有形、無形関係なしに著作権物を、その製作者の許可を得ずに無断で使用してしまうと、著作権の侵害になります。ただし、著作物の中には、フリー素材としてご自由にお使いくださいと書かれてる物もあります。こういった、最初に使用許可をうたっている物に対しては、いちいち著作権の所有者に許可を取らなくても使用して良い事になっております。

著作権には、公表権と言って、作成した作品を発表するタイミングを、著作権を持っている人が決められる権利や、氏名表示権といって、作品を発表する時に本名以外を使える権利や、同一性保持権といって、自分の著作物のタイトルや内容を勝手に変える事を禁止する権利などもあります。つまり、一言に著作権を侵害しているといっても、全く同じものを使っているのか、パロディ作品を発表しているのかまでかなりの差があるという事になります。