著作権侵害の罰則

仮に、著作権を侵害してしまうと罰則などを受ける場合があります。著作権のある物を勝手に使用していたり、著作権を持っている人の許可を取らず、に、著作物の内容を変更したり、タイトル名を変更したり、著作権を持っている人がニックネームで発表しようと思っているのに、勝手に本名で発表してしまうような場合には、著作者人格権侵害という罪に問われる可能性があります。

もし、著作権を侵害してしまった場合には、民事上での請求をされる可能性があります。侵害行為の差止請求、損害賠償の請求、不当利得の返還請求、名誉回復などの措置の請求などを、著作権を所有している方から言われたとしても放置していた場合には、最終的に裁判所を通じて紛争の解決が行われるようになります。

著作権や出版権、著作隣接権の侵害などの場合には、10年以下の懲役か1000万円以下の罰金になってしまったり、著作者人格権や実演家人格権の侵害などの場合には、5年以下の懲役か500万円以下の罰金などが定められていますので、著作権の侵害はかなり重い罪になっております。これは、YouTubeなどとは直接関係ないかも知れませんが、法人などが著作権を違反した場合には、3億円以下という、かなり重い罰金刑に処される可能性があります。