著作権回避する方法

最近、色々なホームページで、著作権回避する為の裏ワザなどが紹介されています。これらに書かれているのは、著作者が自分の所有している動画を勝手に利用されたという違反動画に対して、YouTubeの運営に削除申請される事を回避するという、言わば、著作権違反の申し立てを回避する方法という物が大半を占めています。

確かに、著作権違反の申し立てを回避する方法はとても重要なのですが、これらの多くが、自動検出システムに著作権違反をバレにくくする方法ということですので、著作権に違反している可能性が極めて高くなっております。よくYouTubeで、動画を見ていると、動画が小さく写っていてその周りが加工されているだけの動画などを見かけると思いますが、これが、自動検出システムに著作権違反をバレにくくする方法になっております。元の動画は表示されていますので、厳密に言えば著作権に違反している事に間違いはないのですが、YouTubeのシステムの穴をついた裏ワザになっております。

こういった裏ワザは、自動検出システムを回避しているというだけで、実際に著作権を持っている方が見た場合には、動画の削除申請を行われる事もありますし、悪質な物は、訴えられる可能性もありますので、不用意にこのような記事には騙されないようにしてください。